アトピーが治らない原因が分かった!【読脳ワークショップ 体験談・口コミ】

今回の読脳ワークショップ体験談は、アトピー性皮膚炎に幼少期から悩んでいる30代男性IKさんの体験です。

1987年に約22万人といわれていたアトピー性皮膚炎の患者数は、2014年には45万人を超え、約30年間で2倍近く増加しています。
(厚生労働省の2014年「患者調査」)

アトピー性皮膚炎とは、どのような病気でしょうか。

アトピー性皮膚炎って?

アトピー性皮膚炎は、かゆみのある湿疹が良くなったり悪くなったりを繰り返す慢性的な病気です。

皮膚のバリア機能の低下や乾燥、ダニ・ほこり・食べ物などアレルゲンの侵入、ストレスなどさまざまな環境的要因が重なって起こると考えられていますが、原因ははっきりと解明されていません。
人それぞれ症状の現れ方や程度、治療効果も違い、かゆみとそれに伴う体や心、精神的な苦痛によってQOL(生活の質)が低下するという問題もはらんでいます。

現代医療におけるアトピーの標準的な治療はステロイドですが、副作用に不安を感じて、さまざまな民間療法に走る人も少なくありません。
日常生活を送ることさえ難しくなるほど、かゆみや症状の悪化に苦しんでいる人は、わらをもすがる思いで少しでも良くなる方法を探しておられます。

そんなアトピーに苦しむ人が、これまで何人も読脳ワークショップに参加されました。
そして、読脳で原因を読み出すと、同じような傾向があったのです。

この情報は、アトピーに苦しむ人にとってヒントになりえるではないか。
読脳アカデミーはそう考えました。
読脳ワークショップでの体験の様子と体験談を紹介します。
ぜひ、参考にしてください。

アトピーの人全員にあったトラブルとは?

30代のIKさんは、小学校低学年の頃からアトピーの症状が始まりました。
ステロイド療法、食事療法、断食、酵素風呂、汚血吸引療法などなど、良いと聞いたことは手当たり次第に行ないました。
しかし、大きな改善は見られず、全身に湿疹、乾燥、かゆみが起こり眠れなくなったり、日常生活に支障をきたすという状態でした。
何かいい方法がないのかとインターネットで情報を集めているとき、偶然YouTubeの読脳チャンネルを見つけました。

自分と同じようにアトピーで悩んでいる若い男性に対して、脳の情報を読んで原因を探求するという、今まで知らなかった「読脳法」に大変興味を持ちました。
そして「アトピーは呼吸器系のトラブルが原因」という内容に「自分も同じ原因なのでは?」と体験してみたくなり、読脳ワークショップに参加されたということでした。

これまでワークショップに参加したアトピーの人全員に、呼吸器系のトラブルがありました。
それは、肺の働きが低下し、それにより息が吸いづらくなり、肺に空気が入っていかないという状態でした。
中には肺だけでなく、鼻から気管支にかけての機能が悪いという人もいました。

IKさんが偶然見つけたというYouTubeは、生まれたときからアトピーがひどいという20代の柔道整復師の男性の体験の様子で、この男性は呼吸器系(肺と気管支)にトラブルがありました。

↓参考にご覧ください。


アトピー性皮膚炎の原因となって呼吸器系の(気管支と肺)のトラブル

アトピーの原因を自分の脳が知っている!

IKさんがYouTubeで始めて知ったという「読脳法」。
それは読脳アカデミー学長伊東聖鎬が開発したメソッドです。

「読脳法」は現代医学・現代医療で良くならない難治な病気・症状に苦しむ人のQOLを高めるということにも活かせます。
そのため、治療法と誤解されることがありますが、決して治療法ではありません。

病気に限らず、人は生きる中でさまざまな悩みや問題にぶつかることがあります。
誰に相談をしてもどうしても解決できないこともあります。
そんな「自分が解決したいという問題の答えとなる情報は自分の脳にある」という考えのもと、その脳の情報を読み出す方法として開発したメソッドです。

YouTubeには約1700本の動画を配信していますが、その多くが現代医学・現代医療で良くならない難治な病気・症状に対しての読脳による取組みです。
脳の情報を読み出しそのとおりに行なうことで、現代医学・現代医療で良くならない難治な病気・症状でさえその場で驚くような変化が起こる。
そんな実例を数多く配信することで、目には見えない脳の情報を可視化しているのです。

やはり呼吸器系のトラブルがあった

読脳法でIKさんのアトピーの原因を探ると、やはり肺のトラブルが見つかりました。
左右のどちらの肺も機能が低下し、空気が入っていかない状態でした。

本当に肺にトラブルがあるの?タッチ検査で確認

読脳した情報ははたしてが正しいのでしょうか?
それを確認する「タッチ検査」という方法があります。

症状の原因部位にタッチすると、一時的に症状が良くなるというシステムが人にはあります。
そのシステムを利用して、原因部位を確認することができるのです。

深呼吸していただき、空気の入りをチェックしていただきました。

次に読脳で読みだした右肺、左肺を押さえて深呼吸すると、息が吸いやすくなりました。

タッチ検査

肺にタッチして症状が改善したということは、読脳で読みだした通り、肺が原因ということです。

IKさんはYouTubeの映像を見て、みようみまねで肺を押さえて深呼吸してみたけれど変化はあまり分からなかったそうですが、この時はすぐに変化を自覚されました。

なぜ肺の機能が低下したの?

次に肺の機能が低下した原因を読脳しました。
その原因は、▶重力バランス軸のずれでした。

そこでずれを正す調整方向を読脳しました。

右肺と左肺それそれの重力バランス軸がずれていたので、それぞれ調整方向を読み出しました。
右肺の重力バランス軸の調整方向は右5度前方、左肺の重力バランス軸の調整方向は左5度前方でした。

調整方向へ体を傾け症状の変化を確認

調整方向が正しいかどうかを確認するために、右5度前方へ体を傾け、深呼吸していただきました。

調整方向へ体を傾け症状の変化を確認

体を傾けると、肺にタッチしたときと同じように息が吸いやすくなりました。

自分で距骨を調整

調整方向を確認できたので、重力バランス軸の調整骨である距骨を、自分で調整していただきました。

自分で距骨を調整

調整後、息が吸いやすくなりました。
これは右肺が機能するようになったからです。

左肺の重力バランス軸の調整方向はL5A(左前5度)でした。
この調整も自分で行なっていただきました。

IKさんがYouTubeで見たアトピーの柔道整復師の男性は、肺と気管支の機能を回復する調整だけでかなり良くなってきたそうです。

IKさんのアトピーの原因を読脳すると、肺を含めた呼吸器系のトラブルが50%で、ホルモン系が50%という情報が出ました。
症状は多くの場合、いくつかの原因が重なって起こっています。
ある原因が次の原因を作り出しているということもあります。
原因は単純ではないのです。
それを探求することができる器械は現代医学や科学の分野ではまだ開発されていません。

一人ひとり違うのです。
ですから、その人の脳の情報を探求するということ方法でしか真の原因を探し出すことはできないと読脳アカデミーは考えています。

IKさんが肺の重力バランス軸の調整を続けた結果によって、次の情報を読み出す必要が出てくるかもしれません。

まずは自分で調整を続けていただくことになりました。

その後、IKさんのアトピーはどうなったのでしょうか。
IKさんから届いた体験後の報告を紹介します。

体験後の感想

体験3日目の報告

■ワークショップでどんな体験をし、どんな変化がありましたか?
右の肺が正常に動いていないということ、水を飲んだ時に詰まりがある症状(嚥下障害)、浮き沈みの浮きの状態があることに自覚がありました。
実際に先生に読脳していただき、確認ができました。

変化として、呼吸がしやすくなり、実生活でも声が出やすくなり、脳に酸素がまわる様な気がしています。
ですが、まだまだ意識が足りず、すぐに元の状態に戻ってしまう為、調整を続け、今後も経過を確認していきたいと思います。

■よかったこと・勉強になったこと

私自身のアトピーの原因も呼吸器系にあるのかと感じ、実際に伊東先生にご確認頂けたことがとても良かったです。

■参加後の感想
YouTubeでアトピーの方の動画を拝見した時に、アトピー患者の24歳の男性の声やしゃべり方が私にそっくりで、まるで私がしゃべっている様だなと思い見ていました。
動画の中で伊東先生がその男性に「右の肺が正常に動いていない。呼吸器系が原因」というご指摘をされました。
それを聞いて、このしゃべり方は呼吸器が正常でない、アトピーの特徴的なしゃべり方なのではないかと直感がよぎりました。

また、今まで知り合ってきたアトピーの方々は総じて声が小さかったり、聞き取りにくい方が大半でした。
この事も呼吸に原因があるからではないかという事に合点がいく思いでした。

今回は実際に私自身も呼吸器系に原因がある事、肺が同じく正常に動いていないということを伊東先生に読脳していただき、確認ができた事がとても良かったと思っています。

それ以外、自覚していなかった問題もあるということも分かりました。
時間がせまってしまい、より詳しいお話を聞けなかったことがとても悔しい思いでした。

是非、勉強会などの機会で今後も学んでいけたらと思っています。

■参加後に感じたこと
伊東先生が「YouTubeをたくさん見ていないと読脳ができない」と、おっしゃっていました。
ワークショップで私の隣にいた男性があまり見てきていなかった様子で、「あまり見ていない…」といった事をつぶやいていました。
実際に伊東先生が読み取る事が出来なかったと、最後にその男性に対しておっしゃっていました。
そういった不思議な体験なども沢山あり、やはりYouTubeでは得られない、生の体験だったと思っています。

体験2週間後の報告

■症状の変化、症状以外の身体の変化
アトピーは劇的な回復は無いのですが、以前には全く見られなかった改善が少しずつ進んでいます。

■心の状態、気持ちの変化、日常生活や人間関係の変化等
ワークショップのお陰様か確信は無いのですが、この2週間は仕事でもミスがなく、以前よりリラックスをして取り組めているのが大きな変化です。

体験1か月後の報告

■症状の変化、症状以外の身体の変化

今までになく、アトピーの症状が劇的に良くなっています。
改善まで時間の問題だと思っており感謝しています。
ただ、ワークショップへの参加の他、同時に瀉血や食生活を変えるなどの治療もはじめている為、どれが一番効いたのかは不明なの事が正直なところですが、間違いなく大きな効果があったのではと思っています。

■心の状態、気持ちの変化、日常生活や人間関係の変化等

日常生活や、仕事への気の持ち様はとても大きく変化したと思います。
朝起きた時の憂鬱感がなくなったことが大きな変化だと思っています。

開催中の「読脳ワークショップ」のご案内、申込みはこちらから


読脳ワークショップ ☞