サインのチェック法
読脳法で発見した人のシステム・脈管機能障害

  • 頑固な首、肩、背中のコリ、痛み
  • 頭痛、腹痛
  • しびれ、違和感
  • どうしようもない気だるさ、疲労感
  • 腱鞘炎や四十肩、ひざ痛など、関節の炎症や痛み
  • 高血圧や肥満、胃痛などの慢性疾患
  • 婦人科疾患など

気になる症状がある方に、試してほしいのが「脈管機能障害のサインのチェック」です。

 

脈管機能障害の
サインのチェック法

 このチェック法でチェックする脈管機能障害の脈管とは、体内に張り巡らされた血管やリンパ管などの管のことです。

 

脈管機能障害が起こると

脈管機能に障害が起こると血液循環が滞り、全身の細胞に酸素不足や栄養障害が起きたりして、筋肉の硬直や萎縮などが発生します。 

脈管機能障害が進行すると、全身にさまざまな症状を引き起こすようになります。

それは、例えば上記であげたような症状だったり、

また脈管機能障害が起こっている時は、ちょっとした衝撃を受けても打撲、捻挫、骨折をしやすくなります。

大した事故でもなかったのに骨折してしまったなどという時は、すでにその時に脈管機能障害が起こっていたというケースが多いのです。

脈管機能障害は美容にも影響を与えます。

  • 顔や体がむくむ
  • 肌の調子が悪い
  • 顔色が冴えない
  • 白髪が増えるなど

鏡をみて、「最近なんだか顔色が冴えないな」「急に老けたような気がする」「急に太ったような気がする」という時は、脈管機能障害が起こっていることが多いです。

また頭の回転がにぶくなったり、物忘れが気になるようになったり、人と会話がうまくいかなくなったり、気分が落ち込みやすくなっている時も、脈管機能障害が起こっている可能性が高いです。

脈管機能障害は進行すると、脳血管障害や心疾患、パーキンソン症、ジストニアなど現代医学、現代医療で良くならない難治な病気、症状を引き起すこともあります。

また若い時に起こした脈管機能障害が脳に小さな梗塞を作り、高齢になった時に認知症を招く恐れもあります。

脈管機能障害は万病の元なのです。

心身に不調があるときは、まず疑うべきは脈管機能障害です。

そんな脈管機能障害が進行しないよう、早めに見つけて解消することが大切です。

 

脈管機能障害のサインのチェック法

脈管機能障害のサインは右半身か左半身のどちらかに偏って出ることが多いです。

サインは、状態が進行していないうちは、その表現はいずれも大変、微細です。

感覚を研ぎ澄ませて、集中して、左右の違いを感じ取ってください。

 

〜1. 頭皮の硬さのチェック〜

 

〜2. 顔の左右の大きさのチェック〜

 

〜3. 強く咬めるかのチェック〜

 

〜4. 首の筋肉の大きさのチェック〜

 

〜5. 肩の筋肉の大きさ、硬さのチェック〜

 

〜6. 前腕のヒフのゆるみのチェック〜


〜7. 肺に空気が入っているかのチェック〜


〜8. 肩関節がゆるんでいないかチェック〜
 

 


サインのチェック表

チェックをして、もしサインが出ていたとしたら、それは脈管機能障害が起きているということです。

その場合は、脈管機能障害を解消しなくてはいけません。

脈管機能障害は、体の軸を調整することで解消することができます。

体の軸の調整は、自分ですることができますよ。

その調整方法は、こちらのページで紹介しています。