伊東聖鎬の読脳相談

(コンサルティング)

 

人は人生の中でどうしても解決できない問題に突き当たることがあります。

体の問題、家族の問題、人生の問題等。

それは多くの場合に必然性の中で起きています。

自分の生き方、考え方、生活のし方等のどこかに原因があり、その結果として起きるのです。

そんな時は、何が原因で、どうしたらいいのかを考えることが必要です。

それを考えるためには、本当の情報を知る必要があります。

そのために、自分の脳の中にある情報を読み出す必要があるのです。

脳にある情報を知り、これからの生き方、考え方、生活の仕方を、脳が求める方向へと軌道修正することができれば、今起きている問題は本来のあるべき方向へと向かいます。

そしてこのことをきっかけに困難を克服する方法を身につけ、これから先の人生でもっと大きな問題に直面したとしても、揺るぐことのない自分へと成長することができれば、トラブルが起きたことも良かったと言うことができます。

今起きている問題の原因と課題を整理し、本来の自分の生き方、考え方を見つけ、未来に向かって幸せになるために協力したいと伊東聖鎬は考えています。

face

「読脳」について

「読脳の体験をしたいので、伊東先生と同じようなことができる人を紹介してください」
「スタッフも伊東先生と同じように読脳ができますか?」

そんな質問を受けることがあります。

それには「本当の意味の読脳ができるのは伊東聖鎬だけです」とお答えしています。

なぜなら「読脳法の起源は伊東聖鎬の生い立ちにある」からです。

伊東聖鎬は、自身の生い立ちの中で読脳法を開発する理由や必要があり、それがあったからこそ読脳法を開発することができたのです。

それがなければ読脳法は生まれなかったし、逆に言えば、伊東聖鎬はそんな体験があったからこそ脳の情報が読めるようになったといえます。

その体験がない人が読脳しようとしても、読み出す情報の次元が異なり、それは読脳とはいえないのです。

伊東聖鎬は小学6年生の時に壮絶ないじめに遭い、それを苦に湖に身を投げました。

しかし、偶然にも死ぬことなく生き残ってしまったのです。

それから伊東聖鎬は、何故自分は生まれてきたのか、生きるのかを哲学するようになりました。

自分が生まれた意味や生きる意味を探究する中で、19才の時に「100の地域で100の仕事をする」を目的に日本全国放浪の旅に出、

その旅の途中、姪が知的障害であることをきっかけに医療の世界に入り、患者不在の医療に疑問を抱き、

本人の脳の情報を読み出す読脳法の開発が始まったのです。

そんな探求の中で聖鎬の中に生まれたフィロソフィーが

「人は幸せ、愛100%で生まれてきた。
生きている時はこの幸せ、愛を100%自分で克ちとること。
そして人生の幕を閉じるときには、生まれてきた時と同じように幸せ、愛100%であることを確信して終わらせることができること」

というものです。

聖鎬は自分が生まれてきた意味、理由、必要を人生を懸けて求め続け、41才の時に「黄金に光り輝く空間」を体験しました。

それから10年の歳月をかけて「あの空間は一体なんだったのか」を問い続け、50才になった時、ようやくその黄金に光り輝く空間の意味を理解し、こう確信したのです。

『人は地球という空間に
100%の幸せ、愛に包まれ
肉体を与えられ
時間を与えられ
生まれてきた。

そして何年、何十年が過ぎ
肉体が衰え、
終末を迎えた時、
やはり自分は100%幸せで、
愛に包まれ生まれ

そんな人生を生き、
そして人生を終える。
「本当に幸せだった」
と云える
存在』

それが読脳法のベースとなっている『CW Happiness Philosophy・宇宙の叡智の幸せの哲学』です。

宇宙発生の元、「無」から「有」になる瞬間にあった「ゆらぎ」、それが今も地球に届き、ゆらぎは私達人間の地球に接している骨から体内に入り、脳へと届いています。

自分が生きていく上において必要な脳に届いている「ゆらぎ」を読み出すことができれば、後悔しないで生きていくことができるはずです。

その情報を読むのが「読脳法」です。

(そのことを理解せずに、読脳法を筋肉の反射を取るキネシオロジーやOリング等と混同する人が時々おられますが、読脳法とそれらとは全くカテゴリーが異なります。)

「ゆらぎ」は誰の脳にも届いていますが、「ゆらぎ」を誰もが読み出せるものではなくなった現代、その能力を再び取り戻すことこそ人類が幸せに生きていくことができる道と考え、伊東聖鎬は「読脳法」の指導を40年以上にわたって行い、また求める人と向かい合い、その人の役に立つために脳の情報を読み出してきました。

脳の情報を読み出すということは、読み出してもらう側も決して人任せで達成できるものではありません。

自分自身に責任を持ち、自分自身で解決していくというスタンスが求められるのです。

そのため、読脳相談は基本的に、

・スクールのいずれかのコースで学んでいる人

・これから学ぼうとしている人


・まもなく開講予定のオンラインスクールを受講している人

を対象としています。

※どうしても事情がある場合に、例外も設けています。例外条件についてはこのページの一番下の説明をご覧ください。

また、

・YouTube読脳チャンネルを100本以上ご覧になられていること

書籍CW Happiness Philosophy 読脳をお読みになられていること

を条件にしています。

そんな伊東聖鎬の読脳相談を希望される方はお問い合わせください。

料金

¥50,000(税別)~
¥100,000(税別)~
¥200,000(税別)~

金額は自分が求めている答えの価値に匹敵します。

難しいテーマであればあるほど、脳にある情報は小さく、その情報を読み出すには本人の準備にかかっています。

情報が小さければ小さいほど、脳はその情報を発信するのに金額を必要とします。

ご自分の目的や相談したい内容、背景の中で適切な金額をご設定ください。

 

オンラインによる
コンサルティング

どうしても直接、足を運べない事情がある場合に、電話またはビデオ通話でのコンサルティングも対応いたします。

※お互いに顔が見れるビデオ通話アプリの使用が望ましいです。

料金

60分 ¥30,000(税別)~
90分 ¥50,000(税別)~
120分 ¥100,000(税別)~

調整ポイントの
読脳

調整ポイントを読み出すのは、本来は読脳コンサルティングにより充分なコミュニケーションと目的設定の上で行なうものです。

受講者や読脳コンサルティング2回目以降の人が対象となります。

料金

¥10,000(税別)

    伊東聖鎬の読脳相談を希望される方は事務局までお問合せください

    03-3342-1020

    受付時間:10:00~18:00
    (日曜定休)

    読脳相談で用いるメソッドについて

     

     

     

     

    読脳コンサルティングは、40年以上にわたり読脳で人と向かい合ってきた中で確立したCWメソッド、CW療法を用いて向かい合います。

    どうにもならない問題の奥にはほとんどの場合に、人が地球で生きる上でのシステム「生システム」のトラブルが絡んでいます。

    生システムにトラブルが起こっている時、間違った方向へと向いてしまうのはいえば自然な成り行きなのです。

    それは肉体的な問題についても、精神的な問題についても同様です。

    生システムにトラブルが起こっていれば、治療を受けても、また心理カウンセリングを受けても問題は解決しません。

    なぜなら問題を引き起こしている元である生システムのトラブルは医学的なアプローチでは解決されないからです。

    それが生システムのトラブルを解消することで、脳の神経ネットワークが変わり、今まで滞っていたものがほどけるように解決することはたくさんあります。

    そんな生システムのトラブルを解消するメソッドについてあらかじめ理解して頂いていると、脳から情報が発信されやすくなり、目的も達成しやくなります。

    これらのメソッドは、スクールで学ぶことができます。

    こちらのページで紹介していますので、ぜひお読みください。

    読脳相談 対象者の例外条件

     

    読脳相談は基本的に、学習し、自分で取り組む意志のある方を対象にしています。
    それは、脳の情報を読み出すということは、読み出してもらう側も、人任せな姿勢でいて決して達成できるものではないからです。
    また読脳アカデミーの活動は基本的にYouTube読脳チャンネルで発信しています。
    それは「求めている答えは自分の脳の中にあり、脳の情報を読み出すことでこれまでどんなに探しても得られなかった自分の答えが得られる可能性がある」ということを多くの人に知っていただき、役立てて頂くためです。

    しかし、社会的な立場、職業により、それらがどうしても困難という方もいらっしゃると思います。
    そのような場合には事情をお伺いし、当方が認めた場合に、例外として臨機応変に対応させていただきます。
    事務局までご相談ください。

    事務局電話番号:03-3342-1020

    受付時間:10:00~18:00
    (日曜定休)