読脳アカデミー、コスミックウィズダムのオフィシャルサイト

脳の情報を読み、自分らしく生きたい人へ

CW-Happiness Philosophy
コスミックウィズダム・ハピネス・フィロソフィ

宇宙の最先端にあった「自分の素」

科学が発達すると、目は宇宙に向いていきました。

そして、1969年ついに人類は月に人を送りこむことに成功したのです。

「宇宙開発」という言葉も出現し、世界中が宇宙に興味を持つようになりました。

そして、人類は宇宙の謎に挑んでいきました。

宇宙の果て

宇宙の起源

宇宙組成

宇宙はどこから来たのか

自然科学がまだ成熟していない頃はこんな疑問は哲学者達の分野だと思われていました。

巨大望遠鏡、地下実験施設、粒子加速器等が作られ、それまで以上に加速的に宇宙のことが分かってきました。

宇宙の起源は望遠鏡で見えるのです。

宇宙の果てを知るには何10億年という時間を望遠鏡を使って辿っていくのです。

超高性能の望遠鏡が作られれば宇宙の先端が見えるのです。

宇宙の果てが見えれば宇宙を知ることができるのか。

巨大な宇宙の最先端は限りなく小さいのです。

望遠鏡で見るのでなく、顕微鏡を使わなければ見ることもできません。

光学顕微鏡などでは見えません。

電子顕微鏡を使わなければ見えない世界。

そうです。素粒子の世界なのです。

全ての物質の素、それが素粒子です。

科学で分る宇宙の起源はこの素粒子が出現した時だと云うのです。

私達人類、哺乳類、動物、生物の全てがこの素粒子から始まったということです。

科学は人間の起源を突き止めました。

素粒子、ニュートリノ

待って下さい。

人間の起源を突き止めることが出来るかも知れませんが、「あなた」の、「私」の起源は突き止めることができるのでしょうか。

今、「私」が、「あなた」が、「あの人」が困っているんです。

何んとかして欲しいんです。

答が欲しいんです。

人類の素が分ったのだから「私の素」も分ってもおかしくはないんじゃないでしょうか。

今の私の問題の答を見つけ出したいんです。私の起源-元に辿り着けば分るんじゃないでしょうか?

誰だってそう思います。

だって「自分の元」まで辿り着けば自分が生まれた意味も理由も必要も分るはずですよね。

 

だから、「自分の元」を知ること。これが今一番大事な事のはずです。

会ったこともない「人の素」を知りたいのではないのです。

「自分の素」を知りたいのです。

じゃ、もっと超々高性能の電子顕微鏡を使えば、それが分るのだろうか?

“否”それは無理です。

電子顕微鏡の限界なのです。

「あなたの素」はそんな、どんな顕微鏡を使っても見えないのです。

あなたが生まれてくるには意味も理由も必要もあったはずです。

無ければ生まれてくることも無かったのですから。

全てのものは100%だから生まれて来るのです。

1でも、0.10.00001 欠けても生まれて来ないのです。

あなたがお母さんから生まれる前にあなたの存在する意味・理由・必要は既にあったのです。

今、存在しているものの全てが宇宙が出現した時、発生しているのです。

それは存在している意味・理由・必要というどんな電子顕微鏡を使っても見えない別の空間から起こったのです。

肉体は素粒子から始まったと云えるでしょう

しかし、あなたの存在する意味・理由・必要や生まれたことの意味・理由・必要は素粒子ではなく、目に見えない「ゆらぎ」の空間にあったのです。

宇宙に存在する全ての星、地球に存在する全ての物質

それ等全てを合わせても全宇宙の4%でしかないのです。

その他は見えないのです。

見えない空間がこの宇宙のほとんどなのです。

それなのに見える空間だけを論じ、その中で何が正しいか何が間違っているかを争ってもそれは全体の4%にしか過ぎないということなのです。

自分の存在(肉体ではなく)の元は目に見えない空間なのです。

「なぜ」「なんで」「自分だけが」「どうして」・・・

分からないんです。分からなくて当然なんです。

「分りたい」というのは、目に見える、誰が見ても同じように見える。だからこそ、正しい、科学的だと言っているのです。

しかし、そんなものは時代によって変わります。

国によっても違います。

年齢によっても違うものがあります。

男女によっても違ってきます。

何が科学的なのでしょうか。