読脳アカデミー・コスミックウィズダムの公式サイト

脳に届いている情報を読み、自分らしく生きたい人へ

読脳アカデミー・CWインターナショナルスクール

40年にわたる幸せの探求

赤ちゃん、幼児の子育てに悩んでいる

赤ちゃんは100%幸せの空間からやってきた

赤ちゃんの脳は発信しています。

「私は100%幸せの空間からやってきた。」

この世に誕生して間もない赤ちゃんは、生まれる前の世界に一番近い存在です。

赤ちゃんは生まれてきたことの意味、理由、必要を100%もっています。

100%の存在としてこの世に誕生し、その情報を発信しています。

だから、大切なのは外に情報を求めるのではなく、その子を見て、その子の発信している情報を読んで、返してあげることです。

その子の異変を決して医学的な問題を捉えないで、すべてその子からサインと受け止め、それが起きている原因は何なのかと子どもに問いかけてみてほしいのです。

そうすればきっとその子は、なんらかの方法でサインを送り返してくれます。

早い段階からそういうふうにしていると、お母さんと赤ちゃんの間に二人だけのコミュニケーション言語ができていきます。

それを作り上げることができれば二人は一生、いい関わり合いができることでしょう。

読脳育児

わが子の答えは外にはありません。

目の前にいるその子の脳の中に、必要としている情報があるのです。

その子の脳の中にある情報を、お母さんが読んで行う育児や子育てを「読脳育児」と言います。

お母さんたちにそんなわが子が発信している情報を読む方法を指導し、一生の二人のいい関わり合いを構築できるようになっていただきたいと思います。